1万円程度の古い時計を買う時の注意

最近、1万円程度の古い時計をヤフオクで買ってる。

狙いは1960年後半から1970年前半の自動巻全盛の時のだ。

大量に出回ったので安くて程度が良いのが多く、掘り出し物もあって楽しい買い物だ。

しかし、修理やオーバーホールが1万から2万する。
ちょっと程度を妥協して買うと本体より修理代の方が高くなるので、多少高くても程度の良いものを買おう。

因みに時計の世界でアンティークとは50年以上前の事を指すらしい。40数年前はアンティークでなく、古い時計なんだと。

昨今のデカい時計は何なんだろうね。中身スカスカだよ?