Windowsアップデート後にイラレが立ち上がらなくなる(解決)

Windows10を使っているのだが、Windowsアップデート後にAdobe Illustratorが立ち上がらなくなった。
クラッシュレポートやイラレのアラートで出てくるものを色々試したがダメだった。

■ここで結果を先に。
エラーとなったのはHP(ヒューレットパッカード)のEliteBook x360 1030 G2。画面をひっくり返すとタブレット版になるのだが、そのタブペン機能とイラレがバッティングしていたっぽい。合ってる?

■解決方法
Windows+「X」で「コンピューターの管理」を開いて左側のメニューから
コンピュータの管理>システムツール>イベントビューアー>Windowsログ>Application

ここを開くと真ん中のウィンドウの「レベル」が「エラー」になっている項目がある。

障害が発生しているアプリケーション名: Illustrator.exe、バージョン: 23.0.6.637、タイム スタンプ: 0x5d4be7a8
障害が発生しているモジュール名: ISD_Tablet.dll、バージョン: 7.3.4.35、タイム スタンプ: 0x5a274039
例外コード: 0xc0000094
障害オフセット: 0x00000000000d6200
障害が発生しているプロセス ID: 0x1af0
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01d5648f6ec9a40f
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Program Files\Adobe\Adobe Illustrator CC 2019\Support Files\Contents\Windows\Illustrator.exe
障害が発生しているモジュール パス: C:\WINDOWS\SYSTEM32\ISD_Tablet.dll
レポート ID: f109d8b5-9ba9-4814-a130-0f1b6048bed9
障害が発生しているパッケージの完全な名前:
障害が発生しているパッケージに関連するアプリケーション ID:

どうやら「ISD_Tablet.dll」がバッティングしているようだ。
ネットで検索するとワコムのサービス「Wacom ISD Service」。

Windows>Windows管理ツール>サービス

ここで「Wacom ISD Service」が「自動」になっているので「手動」にして再起動すればイラレが立ち上がると思う。