コインを投げた際の表が出る確率の誤差はn回の平方根に収まる

2回投げた際の表が出る確率は1/2だが、その誤差は2の平方根なので1.414回以内になる。

100万回投げると平方根は1000なので、プラスマイナス1000回以内の誤差に収まる。らしい。

素数の音楽 P322より